遥か遠方の直線
鉄塔には戻らない残響
街の空は白群の暴発
君はいずれ知らない少女
君の顔に咲いた向日葵
次第に金属製の建造
自在に舞う風鈴
行き先の消失
暑中見舞い
永遠には届かない炎天
八月、俺は砕氷